sciencompass

今勉強していること、これまで勉強してきたことを発信してます。英語と独語、ときどき理科について発信します。

電子工作

マイコンの仕組み:出力ポート

投稿日:

マイコン内部のスイッチをON/OFFする

マイコンから外部の機器を制御するときには、入出力ポートから信号を送り出します。
信号はON/OFFの2つ、HighとLowで作られており、このHighとLowを切り替えることで、外部機器を制御することができます。
マイコンの内部ではHighとLowをスイッチで切り替えていると思えば、わかりやすいです。
例えば、LEDをマイコンにつないだ場合を考えます。

図の例はマイコンにatmega168I)Arduinoで使用されているマイコン。を使用しており、出力ポートをD7としています。
この場合、D7にHighの信号がくるとD7の電圧がVccとおなじ5Vになるため、LEDに電流が流れず消灯します。
反対にD7にLowの信号が来ると、D7の電圧がGNDになるため、LEDに電流が流れ点灯します。
このようにマイコンは出力ポートの電圧をHigh/Low切り替えることで外部機器を制御しています。
この切り替えはマイコン内部のCPUII)Central Processing Unitの略。Computerの略ではない。がメモリに格納されたプログラムを読みだして実行しています。
次は、CPUからポートの出力を決める方法をみていきましょう。

脚注   [ + ]

I. Arduinoで使用されているマイコン。
II. Central Processing Unitの略。Computerの略ではない。

-電子工作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Arduinoで計測した気温と湿度をFlashairでウェブにアップする その1

Arduinoを始めて簡単なプログラムを書くことができるようになったので、かねてからやりたかった自分の部屋の温湿度を出先からモニタすることに挑戦します。 目次システムの設計準備するものArduinoプ …

no image

FlashairとArduinoの連携ではまったこと

前の記事で紹介したように、ArduinoとFlashairを連携させて、部屋の気温と湿度を外出先からモニタすることができるようになりました。そこで、次の段階として外出先からエアコンのスイッチを押すこと …

Arduinoで計測した気温と湿度をFlashairでウェブにアップする その2

前回の記事に引き続いて、FlashairとArduinoで部屋の温湿度をモニタするシステムを構築する話です。前回は、Arduino側のソースコードを紹介しましたので、今回はFlashairに書き込むl …