sciencompass

今勉強していること、これまで勉強してきたことを発信してます。半導体物理や数学、英語などの記事を書いています。

電子工作

マイコンの仕組み:出力ポート

投稿日:

マイコン内部のスイッチをON/OFFする

マイコンから外部の機器を制御するときには、入出力ポートから信号を送り出します。
信号はON/OFFの2つ、HighとLowで作られており、このHighとLowを切り替えることで、外部機器を制御することができます。
マイコンの内部ではHighとLowをスイッチで切り替えていると思えば、わかりやすいです。
例えば、LEDをマイコンにつないだ場合を考えます。

図の例はマイコンにatmega168I)Arduinoで使用されているマイコン。を使用しており、出力ポートをD7としています。
この場合、D7にHighの信号がくるとD7の電圧がVccとおなじ5Vになるため、LEDに電流が流れず消灯します。
反対にD7にLowの信号が来ると、D7の電圧がGNDになるため、LEDに電流が流れ点灯します。
このようにマイコンは出力ポートの電圧をHigh/Low切り替えることで外部機器を制御しています。
この切り替えはマイコン内部のCPUII)Central Processing Unitの略。Computerの略ではない。がメモリに格納されたプログラムを読みだして実行しています。
次は、CPUからポートの出力を決める方法をみていきましょう。

脚注   [ + ]

I. Arduinoで使用されているマイコン。
II. Central Processing Unitの略。Computerの略ではない。

-電子工作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【電子工作】LEDの点滅が美しい、60th LED Luminous Clock作成

今回は、Silriumさんがコミックマーケット C73で頒布していた60th LED Luminous Clockキットの作成をしましたので、紹介します。 こちらのキットは2007年に購入したのですが …

Jetson Nano開発キット~購入から立ち上げまで~

電子工作には、Arduinoから入り始め、ラズパイにも手を出していました。これまではArduinoやラズパイを使って家のIoT化を自分の手で進めようとあれこれ遊んでいました。最近では、手軽にIoT化で …

Arduinoで計測した気温と湿度をFlashairでウェブにアップする その1

Arduinoを始めて簡単なプログラムを書くことができるようになったので、かねてからやりたかった自分の部屋の温湿度を出先からモニタすることに挑戦します。 目次システムの設計準備するものArduinoプ …

創作意欲がわきだす、Maker Faire Tokyo 2019行ってきました

目次Maker Faire Tokyo 2019行ってきました見た目が可愛いコンデンサーの盆栽自宅のIoT化が簡単にできるObniz常識を超える食品を作り出す分子調理学おまけ Maker Faire …

Jetson NanoへのROSインストール

Jetson NanoへのROSインストールの方法とインストールが成功したかどうかの確認までこのページで説明します。 目次Jetson NanoへのインストールインストールROS動作確認まとめ参考ペー …