臓器と惑星の対応関係

16世紀の人々の間には、惑星の位置関係が人体に影響を与えるという考えが浸透しており、その痕跡を時禱書[1]に見つけることができる。 時禱書はローマ・カトリック教会の信徒が毎日の祈りで使った聖務日課書で、礼拝の手引きを記し…