Fusion PCBに基板を発注するためにKiCADでガーバーデータを出力する方法

自分のための備忘録を兼ねて、Fusion PCBに基板を発注するときにKiCADから必要なガーバーデータを出力する方法をまとめます。
Fusion PCBのブログにも同じ内容の記事がありますが、日本語に違和感を感じるところがあったので、まとめなおしています。

KiCADからガーバーデータを出力する

①プロットウィンドウを開く

KiCadを起動し、PCBデザインファイルを開いて、ファイル- > プロットの順に選択します。

②出力ディレクトリを選択

プロットウィンドウが開くので、 Gerberファイルの出力ディレクトリを選択します。

③出力するレイヤーを選択

両面基板を製造する場合には、下記の七つのレイヤーが必要となるので、選択します。

  1. Top Copper(F.Cu)
  2. 半田マスク(F.Mask)
  3. シルク印刷(F.SilkS)
  4. Bottom Copper(B.Cu)
  5. 半田マスク(B.Mask)
  6. シルク印刷(B.SilkS)
  7. 外形(Edge.Cuts)

④「Protelの拡張子を使用」を選択

「ガーバーファイル」オプションの「Protelの拡張子を使用」を選択してください。
また、「拡張属性を含む」を必ず選択しないようにしてください。
このオプションを選択するとガーバーファイルのフォーマットがX2に変換されますが、
全ての製造機器がX2フォーマットに適用しているわけではないからです。

⑤「製造ファイル出力」と「ドリルファイルを生成」を選択

「製造ファイル出力」をクリックします、そしてすべてのガーバーファイルが正しく出力されたかどうかを確認します。

⑥「ドリルファイルを生成」を選択

忘れずにドリルファイルを作成しましょう。「ドリルファイルを生成」ボタンを選択して、新しいウィンドウを開きます。

「PTH とNPTH 穴を一つのファイルにマージ」にチェックを入れて、「ドリルファイル」を選択します。するとドリルファイルがExcellonフォーマットで出力されます。

⑦Zipファイルにまとめる

最後に出力されたファイルが八つあることを確認ください。8つのファイル名を次のように書き換えます。ここでは、例としてKiCadのプロジェクト名をboard1としています。

生成されるファイル ファイル名変更
board1-B.Cu.gbl board1.gbl
board1-B.Mask.gbs board1.gbs
board1-B.SilkS.gbo board1.gbo
board1-Edge.Cuts.gm1 board1.gm1
board1-F.Cu.gtl board1.gtl
board1-F.Mask.gts board1.gts
board1-F.SilkS.gto board1.gto
board1.drl board1.txt

ドリルファイルは拡張子をtxtに変更します。これら8つのファイルをzipファイルにまとめます。

正しくガーバーデータが出力されているか、KiCadのガーバービューアを利用してチェックしましょう。または、それらを.zipまたは.rarファイルに圧縮して、Seeed Fusion PCBの注文ページにアップロードし、オンラインのガーバービューアで確認することもできます。

以上で、ガーバーファイルの出力は完了です。Seeed Fusion PCBの注文ページから基板を発注しましょう。

KiCadについての注意事項:

レイヤー:

両面基板には上記の七つのレイヤーが必要ですが、単層または多層の場合は、これとは別のレイヤーを選択する必要があります。自分の作りたいファイルには、どのレイヤーを選択したら正解なのか迷った時は、fusion.jp@seeed.ccにメールで問合せましょう。

 V-cut :

Cut-outやV-cutなどの機械要素はEdge.Cutsレイヤーに入れてください。(Edge.Cutsレイヤーに入力できない場合は、シルクレイヤに描いておきましょう)

ドリルファイル生成:

「PTH とNPTH 穴を一つのファイルにマージ」オプションを選択することをお勧めします。そうしないと、メッキ穴と非メッキ穴が2つのドリルファイルに分けられ、片方しか基板に穴がないということになる可能性があります。

よくある問題

フォーマットが正しくない

すべての製造機器がRS-274xフォーマットと互換性があるため、ガーバーファイルはX2よりRS-274xフォーマットであることが推奨されます。拡張属性を含む、にチェックを入れないようにしましょう。

非メッキ穴がない

KiCadはメッキと非メッキのドリル穴を別々にエクスポートしているため、一緒にzipファイルに入れるのを忘れる可能性が高いです。 PTHドリルファイルがない場合、ドリルファイルを忘れているのでは、と判断することは簡単です。一方、NPTHドリルファイルがない場合は、非メッキ穴を使わないだけと判断される可能性が高く、見落とされがちです。この問題を回避するために、「PTH とNPTH 穴を一つのファイルにマージ」オプションを選択することをお勧めします。

Seeed Fusion Onlineのガーバービューアにドリルレイヤーがミスマッチ

ドリルの穴が片隅にあるか、他のレイヤーより大きい場合、ドリルファイルがガーバーファイルとのミスマッチ起こす可能性があります。Fusion PCBのエンジニアがもらったファイルに間違いがないかチェックし、ドリルファイルがガーバーファイルとマッチできるように直します。この問題が発生する場合は、ドリルファイル生成中に「Zeroes Format」を変更すると解決可能です。ほとんどの場合、10進フォーマットを使用しています。

sciencompass34 has written 118 articles

はじめまして!”あおやぎ”と言います。
メーカーで研究開発の仕事をしています。このブログでは、私の専門分野である半導体やそれに関連する内容を紹介していきます。
半導体関連の知識をまとめたデータベースのようにしたいなと思っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください