LIVE PARKをテキストマイニングしてみた【水樹奈々】

歌手としても大活躍している人気声優の水樹奈々さん。毎年ライブツアーを開催しているのだが、2020年はコロナウイルスの流行の影響でツアーが全日程中止となってしまった。今年もライブに行くのを楽しみにしていたのですが、残念です。。。
と、落ち込んでいたら、2016年の甲子園ライブをyoutubeで配信、しかも水樹奈々さん本人がリアルタイムにツイッターでコメントするという神イベントが開催されました!!
いやあ、ライブ配信を家で観ていたのですが、甲子園での思い出がよみがえってきて、とても楽しかったです。外出自粛が続いて憂鬱な気分になっていましたが、そんな気分を一気に吹き飛ばしてくれる最高の一夜でした。本人からのコメントも確かにあのときはそうだったとか、そんなことがあったのとか、みんなで一緒に楽しく振り返る雰囲気が最高でした。

さて、今回はライブの感想を書くのもいいのですが、甲子園ライブのセトリを改めて確認していたときに、ライブのセトリでテキストマイニングをしたら、奈々さんがどんな思いを込めてセトリを考えているのか、読み解けるのではないか?と考えました。ということで、さっそくテキストマイニングをやってみました。

解析方法

まず、Live Parkで歌われた楽曲の歌詞を一つのテキストファイルにまとめ、それを解析しました。
解析にはUserLocalのAIテキストマイニングを使用しました。

解析結果:ワードクラウド

ワードクラウドは使用されている単語を表示したもので、スコアの高い単語ほど大きく表示されています。

これを見ると、同じフレーズが繰り返される楽曲、例えばStarting Now!、の歌詞がスコアが高くなってしまっています。いったん文字の大きさを無視したとすると、未来や夢、dreamといった単語が中心にあり、応援歌を歌いたいという水樹奈々らしさが見て取れます。あるいは、甲子園という夢の舞台で歌えることの喜びもあるのだと思います。
また、newやno.1という単語もあり、新しいことへ挑戦しようという雰囲気を感じます。

抽出された単語のうち、出現頻度が多い単語は下の表のとおりです。

解析結果:AI感情分析

もう一つ面白いなと思った分析がAI感情分析です。これは文章中の単語からその単語から連想される感情を表示したものです。
図の左側が文章の前半、右側が後半になります。今回、分析したテキストは文の先頭からセットリスト順に歌詞が並んでいます。
つまり、ライブ中の感情の変化を読み解くことが出来ると考えました。

図を見ると、全体的に悲しみや怒りという感情が強めに出ています。今回使用したツールでどの単語がどの感情と結びついているのかわからなかったので私の推測ですが、例えばPower Gateの歌詞の一部に、怖がってたら踏み出せない、という部分があり、そこから怖いという単語が抽出されてネガティブな感情と結びついてしまったのかなと思っています。

喜びに注目してみましょう。ライブの始めは喜びという感情が出ていますが一度なくなっており、このときの歌はちょうどThe NEW STARです。この歌は女性の強さをうたった歌であり、同時に怒りの感情が伸びているので、この変化はうまく解析できていると私は考えています。Starting Now!から再びアガル曲が始まり、それに従って喜びの感情も増えてきているのが、わかります。

ライブ中で喜びの感情が出ていないのはThe NEW STARとその後の2曲だけであり、甲子園で歌える喜びを全力でファンのみんなと共有したい、そんな水樹奈々さんの思いを改めて感じることが出来ました。

まとめ

水樹奈々さんがLIVE PARKで歌った曲をテキストマイニングしてみました。未来や夢といった前向きな単語がよく出てきており、甲子園でのライブという夢がかなった感情が現れているように思います。また、感情分析をしてみると、ライブ中ほぼずっと喜びの感情が出ており、甲子園ライブがかなった喜びをファンのみんなと全力で共有したい、そんな思いを感じることが出来ました。

他のライブやアルバムでテキストマイニングをやって、そこに込められた思いを読み解いてみたいと思います。

sciencompass34 has written 118 articles

はじめまして!”あおやぎ”と言います。
メーカーで研究開発の仕事をしています。このブログでは、私の専門分野である半導体やそれに関連する内容を紹介していきます。
半導体関連の知識をまとめたデータベースのようにしたいなと思っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください