疑問に感じるオタクの語彙力

最近、水樹奈々さんのライブに行き、その感想をブログの記事にまとめました。

sciencompass
sciencompass
http://sciencompass.com/dialy/live-grace-2019-opus-iii-day1st
今勉強していること、これまで勉強してきたことを発信してます。半導体物理や数学、英語などの記事を書いています。

その時に、自分の感じたことを自分なりの表現で表すことに非常に苦労しました。結果としては、短い文でしか書けませんでしたが、それでも自分の言葉で書いたことで、よりライブの記憶は強くなった気がします。

ところが、twitterなどでは「尊い」「エモい」など一言で感想を述べていて、しかもみんなが同じ言葉を使っている状況になっています。同じ「尊い」という言葉を使ったとしても、何に対して尊いと感じたのかは人それぞれ違うはずで、そこを発信することで他の人とは違う、オリジナルな文が生まれると思います。そんなことを感じていたら、同じことを考えている人がいました。

バズワードばかり使っていたら、語彙力が弱くなるだけでなく自分独自の考え、思いが生まれなくなってしまい、機械のような人間になってしまうのではないかと心配になります。

冒頭に紹介した私の感想も、まだまだ当たり障りのない文章になっていますが、もっとディープなものにしようかと思い直しているところです。

sciencompass34 has written 104 articles

はじめまして!”なるてる”と言います。

私は、メーカーで三年間製品開発の部署で働いた後、今は研究所で働いています。テレビで理科離れのニュースを見て、理科はこんなに面白いのにどうして嫌いになる人が増えているのだろうか、と感じたのがきっかけで、理系の面白さについて考えるようになりました。逆に何がそんなに面白かったのかこれまで自分が勉強してきた理系科目を振り返ろうと思いました。

このブログでは、自分のこれまでの勉強を振り返りながら、
1.理系科目を面白いと思ってもらえる
2.理系に進んだ人がどんな仕事をしているのか紹介する
この二つをメインテーマに記事を書いていきます。

このブログが、理系を目指す高校生やこれから技術者・研究者として働こうと思っている大学生の役に立てたらいいなと思います。
また、理科に興味がなかった人が理科に興味をもつきっかけになったら嬉しいです!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください