【半導体物理】GaNのフェルミレベルピンニング

フェルミレベルピニングという現象が半導体ではよく知られています。これは半導体に接触する金属の種類を変えてもショットキー障壁高さが変化せず、あたかもフェルミ準位がエネルギーバンド内のある位置に固定されている(pinnig)とみなせる現象のことを言います。フェルミレベルピニングの起源としては、半導体表面のダングリングボンドや表面再構成による界面順位が考えられています。

GaNのフェルミレベルピニングについて報告している論文を調査しましたので、紹介します。

タイトル:Origins of Fermi-level pinning on GaN and InN polar and nonpolar surfaces
著者:D. Segev and C. G. Van de Walle
掲載ジャーナル:Europhys. Lett., 76(2), pp. 305-311 (2006)

第一原理計算によってGaNおよびInNの表面再構成を計算し、フェルミレベルがピニングされる位置を算出している論文になります。
計算しているのは、GaN, InNの+c(0001), -c(000-1)面, m(1-100), a(11-20)面の4つの面になります。

第一原理計算の詳細やGaNの表面再構成の状態などの詳細はここでは割愛して、フェルミレベルがどの位置にピニングされるのかだけ、紹介します。

GaN InN
+c (0001)面 Ec – 0.5~0.7 eV Ec + 0.6 eV
-c (000-1)面 Ev + 1.2 eV Ec + 0.3 eV
m (1-100)面 Ec – 0.7 eV Ec + 0.6 eV
a (11-20)面 Ec – 0.5 eV Ec + 0.6 eV

まず注目するのは、GaNは+c面、m面、a面ではn-GaNのように伝導帯に近い位置にフェルミレベルがピニングされるのに対して、-c面では価電子帯側にピニングされることです。この計算ではGaが表面で表面再構成を形成しているとして、計算を行っています。+c面では表面のGaの下に3つのGa原子が来るのに対して、-c面では3つのN原子の上にGa原子が表面再構成します。そのため、表面のGa原子の準位が変わります。

次に注目するのは、InNではすべての面でフェルミレベルが伝導帯より高い位置にピニングされることです。バルクのInNでは表面に電子が蓄積されることが知られており[1, 2]、フェルミレベルが伝導帯より高い位置にピニングされるため、表面に電子が蓄積しているとこの計算結果から推測できます。

まとめると、
・GaNのフェルミレベルは、Ec – 0.5 ~ 0.7 eV(+c, m, a面)、Ev + 1.2 eV(-c面)にピニングされる。
・InNのフェルミレベルは、Ec + 0.6 eV(+c, m, a面)、Ec + 0.3 eV(-c面)にピニングされる。
となります。

参考文献

[1] Lu H., Schaff W. J., Eastman L. F. and Stutz C. E., Appl. Phys. Lett., 82 (2003) 1736.

[2] Mahboob I., Veal T. D. and McConville C. F., Phys. Rev. Lett., 92 (2004) 036804.

sciencompass34 has written 104 articles

はじめまして!”なるてる”と言います。

私は、メーカーで三年間製品開発の部署で働いた後、今は研究所で働いています。テレビで理科離れのニュースを見て、理科はこんなに面白いのにどうして嫌いになる人が増えているのだろうか、と感じたのがきっかけで、理系の面白さについて考えるようになりました。逆に何がそんなに面白かったのかこれまで自分が勉強してきた理系科目を振り返ろうと思いました。

このブログでは、自分のこれまでの勉強を振り返りながら、
1.理系科目を面白いと思ってもらえる
2.理系に進んだ人がどんな仕事をしているのか紹介する
この二つをメインテーマに記事を書いていきます。

このブログが、理系を目指す高校生やこれから技術者・研究者として働こうと思っている大学生の役に立てたらいいなと思います。
また、理科に興味がなかった人が理科に興味をもつきっかけになったら嬉しいです!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください